観光事業をメインとした広告情報発信を行う企画・制作会社

旅行に強いカバンを考える。

お久しぶりです。今日もきょうとて日々メモ部です。

今日は旅行カバンについて考えます。

きっかけは、通勤時にこんな観光客を見たからなのです。

なんというか、前にも後ろにもパンパンのリュックサック(大・小)です。

博多駅は交通のかなめな感じで、朝夕に外人さんや観光客がごった返します。きっとこの人もそんな中の一人なのでしょう。キャリーバックは行動しにくいですし、カバンを分けることで、チェックイン後に出歩く際にも便利です。実際自分は旅行の際は必ず小さなカバンを携帯し、旅行中でも貴重品だけ自由に外せるようにして観光を楽しむことが多いです。

でも、もっと何とかならないのか、と。

そこで考えました。

「全部ジョイント式で小分けにできるカバン最強じゃね?」

水筒用には小袋を。小分けにすることで、必要な物を分けてしまうことができ、バックパックではなし得なかった収納上手が可能になります☆きっと。

各個ベルトリングに通すことで、万一ボタンが外れた際の落下を防ぎ、個別に分けることで、体へのフィット感を生み出す。ハズ…

そして背中ですが、金具のごわつきを無くす為の低反発クッションを。背負い紐をここに通すことで荷ずれを防げるのではないか、と。

そしてピクニックなどで座るとき、底冷えしないクッションに!なんとすばらしい!

旅行先では小分けにして観光を楽しむ。

小分けデザインでのメリットというのは、

☆オリジナル仕様のカスタムが可能!

☆パーツごとに色が違えば、自分スタイル!街での注目度もGood!

☆好きなサイズで使える!

 

こんなカバンが欲しい!と思ったあなた!

「これ、欲しい!」と感じたあなた!ぜひ作って見ませんか!?

※コレ欲しい!の意見が多数上がった場合には、制作にむけて全力を尽くさせていただきます。ちなみに、製作は個人的に作ることになるので、時間をいただくことになります。

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください